【個別株】CRWD クラウドストライク

株式投資

私の素人説明の前に、以下Makabeeさんの動画を紹介致します。

【米国株】コロナウイルス・パンデミックで解雇の波が我が家にも。。クラウドストライクは伸び続ける!【ジムクレイマー・Mad Money】

動画の内容について、クラウドストライクの日本語のHPから説明箇所を抜粋します。

ようするに世界中のウイルス攻撃などのデータをクラウドストライクに集めて、その情報を顧客に共有することで、常に最新のネットセキュリティを保てるというものですね。各企業がいちいちウイルスソフトをアップロードしなくてもいいわけですね。確かに定期アップロードは、アップロードするまでの期間、新しいウイルスに対策できませんからね。

日本でサイバーセキュリティというとトレンドマイクロ(私も使っています)と、マカフィーが有名かと思います。

なんとこのクラウドストライクはマカフィーと無縁ではありません。2011年、元マカフィーCTO/エンタープライズ担当SVPのジョージ・カーツ(George Kurtz)氏、同じく元マカフィーの脅威リサーチ担当VPだったドミトリー・アルペロビッチ(Dmitri Alperovitch)氏の2名により、米国で設立されたということです。スピンアウト企業だったのですね。

100%ウイルスの侵入を防ぐことはできない時代になったということで、侵入後のウイルスにも対応しているようです。

社名の由来は(Crowd)から集めた情報を活用し、攻撃者に一撃を加える(Strike)。合わせてクラウドストライクということです。なるほど、わかりやすい。

2019年にIPOしたばかりで、最近の米国株IPOに多いIPO後の乱高下をしている状況ですね。

最高値が100ドル程度、現在76ドルですから当面はこの100ドルが目標となります。

同じくサイバーエキュリティ会社のパロアルトネトワークスの株価は213ドルであることを考えると、クラウドストライクも200ドル程度までは乱高下しながら上がると考えています。

この銘柄の問題は、参入障壁がそれほど高くないことかと思います。将来的にもしかするとグーグルやアマゾンがこの業界に本格参入してくるかもしれません。

IoT、デジタル決済、クラウド化が進む世の中の恩恵を受けて今後も伸びる企業であることは間違いないと思います。

売上、収益は右肩上がりのようですね。

少額ですが投資していこうと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


男子高校・理系大学出身 オタクでも世界一可愛い彼女を手に入れる! 唯一無二の方法を伝授【出会の方法編】: 恋人探しの最適解 (霧間文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました