インデックス投資はやはり正解か。

投資本

インデックス投資は勝者のゲーム、を読んでいます。

重要なことは、複利効果。

コストもまた複利効果によりパフォーマンスを大きく下げる要因になるということ。

購入費用、売却費用、信託報酬、税金など。

この本を読むと、インデックス一本の投資が正解かなと思わされますね。

りんりさんや、のっちさん、和製バフェットさんのような方々が皆さん個別株ではなくインデックス投資をされているのもまさに正解を意味しているのかもしれませんね。

個別株を持つ理由は、結局は市場平均以上のパフォーマンスを求めているわけですが。個別株は短期では良いですが、20年、30年持ち続けられない可能性が高いです。ほとんどの場合、途中で売却してしまうでしょう。

そう考えると、やはり、基本に返ってインデックス投資。

インデックス、市場平均という表現が良くないのでしょうかね。最適投資という言い方が良いのかもですね。

かといって、では自分が保有している個別銘柄を全て売るか?と言われると、それはうーんと思いますよね。

となると。

個別銘柄はこれ以上はむやみに増やさず、追加投資はインデックスにしていくべきなのでしょうかね。

私の場合、普通の方と違い、まずはー1100万円をとりかえすことが目標です。

現実的にはー1100万円を取り戻した段階で、完全にインデックス投資に変更すべきですかね。

ところで、インデックス投資は当然VTI、VOOなどを示していると思うのですが。

QQQもインデックス投資と呼んでいいのでしょうか?

指数連動なのは間違いないですが、どうなのでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました