投資本で特に印象に残った「図表」を紹介!

投資本

この数か月、在宅ワークだったこともあり。かなり投資本を読みました。現在進行形で読んでいます。

大体、図書館で取り寄せできるので便利です。ぜひ皆さん図書館カードを作って、図書館で本を取り寄せして下さい。勉強費用はけちってはいけませんので気に入った本は購入すれば良いと思います。

たぱぞう様や、バフェット太郎様、三菱サラリーマン様などの人気本は予約待ちとなりますが、私が住んでいる地区では最大15冊まで予約できるので。毎週毎週新しい本が届きます。人気の本はそのうち順番が回ってくる、ということです。

何を読んだか?タイトルは覚えていないものも多いのですが。

その中でも特に印象に残った「図」を紹介します。

これは説明不要ですよね。ジェレミーシーゲル教授の「株式投資の未来」の中で出てくる図です。そして米国株投資家の心のよりどころですよね。かなり分厚い著書でした。細かなところは理解できないところもありましたが、一度は読むべき本かと思います。


株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

同じシーゲル教授の本で「株式投資」というものがありこの中で現代ポートフォリオ理論について説明がありました。要するに以下に分散が重要か?ということです。また分散をすることで逆に高いリターンも得られるというものです。


株式投資 第4版

この図は見たことがない人もいるのではないでしょうか?

私の写メなので、見づらくて申し訳ありません。

ハワード・マークス著の「投資で一番大切な20の教え」の中で出てくる図です。

多くの人は図表5-1が正しいと信じております。私もぼやっと、そうでした。リスクが大きな銘柄(バイオや、赤字企業の株など)はリターンが大きい。でも本当にそうでしょうか?

実は図表5-2が正しいようです。

リスクが大きな銘柄はリターンが大きいわけではなく、リターンの振れ幅がにも下にも大きい。

これはとてもしっくりきました。


投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識 (日本経済新聞出版)

他にも色々読みましたが。

上記の「図表」が特に印象に強く残っていたので紹介させて頂きました。

今まで著書の感想はほとんどブログに書いてきませんでした。

というか、一度読んだくらいでは数週間もすれば細かな内容を忘れますよね。

一つ一つブログ記事にすべきだったと後悔しております。

自分の備忘録の為にも、これから読んだ著書は一つずつ感想を書いていこうと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


男子高校・理系大学出身 オタクでも世界一可愛い彼女を手に入れる! 唯一無二の方法を伝授【出会の方法編】: 恋人探しの最適解 (霧間文庫)

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました