追加投資

株式投資

会話形式にしたかったのですがまだまだワードプレスが使いこなせない・・・・ということで残念ながら文章のみの投稿です。

本日700万円ある現金のうち200万円を追加投資しました!!うひょ!!!銘柄は以下。

・QQQ:約80万円

・VISA:約20万円

・MA:約20万円

・MSFT:約20万円

・ADBE:約10万

・SBUX:約10万円

・SPGI:約20万円

・VGT:約20万円

とまあこんな感じです。

色々なサイトを見ますと、投資方法は人それぞれですね。暴落時に一括投資する人、積み立てを貫く人、銘柄を変更する人、さらなる暴落を待ち動かない人など。

タイトルの通り私の目下の目標は損失-1200万円を取り戻すことです。どこかの記事で書いておりましたが「米国株の将来を信じて元々もっと高い株価でも購入をしていたわけだよね?じゃあ、安売りしている今なぜ買わないの?」という意見を見てまさにそうだな、と思いました。

つい2週間前までは、高値に関係なくどんどん追加購入をしていたわけです。上がりすぎかな?と思いつつ、FRBの利下げや、選挙があるので、まあ大丈夫だろうと。

しかしいざコロナショックがあると、追加投資するのが怖くなる。

それこそまさに「景気」でしょうね。気持ちの問題、ということです。

恐怖指数をみても40超えということで、買い時だと判断しました。残り約500万円をどのように市場に投資していくべきか・・・。

最近よく見るのは下落した数字を見るのではなく、下落率をみるべきという記事。また、今回のコロナショックが終わった後、景気後退により下手をすると数か月から数年間、株価低迷期が来るのでは?という記事です。

未来のことは誰にもわかりませんが、こういう時こそ、追加投資をしていく勇気が必要ではと考えています。

リーマンショックの時、自分は社会人としては未熟でした。株に投資するなんてことは微塵も考えておりませんでした。もちろん株は知っていましたがなんとなく怖いな、くらいに思っていました。

VISAやMAなど、子供のころから知っている銘柄をなぜもっと早く買わなかったのか?と思うことは多いです。

ただ、チキンギスハン様のブログで記載があったと思うのですが、まさに「今この瞬間」も数年後から見れば過去なわけで、今の子供たちからすれば「2020年に株式投資していたやつらは良いな。ダウがまだ26,000?なんて低いんだ」と思われているということなのです。

細かな表現は忘れましたがバフェットも人はみな短期で儲けようと考えすぎる、というようなことを言っていたと思います。私もまさにそうで、信用取引の餌食となりました。

だからこそ、長期投資で確実に資産を増やしていきたいと思います。

ああ、そういえば。

1200万円の損失をだしてひとつ大きなスキルを得ました。

たった200万円くらいの含み損では、全く動じないということです。

感覚がマヒしているのだと思いますが。

含み損に耐えうる心を手に入れていました。

もちろん含み損が500万円くらいを超えたときに同じ心境でいれるかはわかりませんが・・・・。ブログ村には私より遥かに多くの資産をもち、多くの含み損を抱えた先輩が多数おります。

これからも諸先輩のブログで勉強しつつ投資をして参ります。


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました