難しい相場(二番底?ブル?)

株式投資
失業者数は今後どこまであがるのか?
凪(なぎ)
凪(なぎ)

ダウがまたここ数日で息を吹き替えしてきました。まるですぐに30,000に戻る勢いです。一方で米国の失業者数は過去最大となっており、4月以降の米国企業の決算もおそらく散々なのものでしょう。

三只眼(さんじあん)
三只眼(さんじあん)

AIや、投機筋、などの投資が入り乱れており、悪い経済指標が出ても株価が爆上げするなどの状況が起きておるな。

凪(なぎ)
凪(なぎ)

ええ、もはや人類に予想できないような動きをしています。

三只眼(さんじあん)
三只眼(さんじあん)

底を狙うのではなく。買ってもまだ底がある。逆に買えずに上がる場合もある。そのくらいで思っておった方が良さそうじゃな。

凪(なぎ)
凪(なぎ)

過去の暴落と現在の株価の推移が似ているという記事がありました。偶然でしょうが私も類似していると思います。

https://zai.diamond.jp/articles/-/338628
凪(なぎ)
凪(なぎ)

含み損がー600万円からー350万円ほどに回復しておりました。

三只眼(さんじあん)
三只眼(さんじあん)

まあ貴様の場合+1200万円になり始めてプラマイゼロなのを忘れるなよ。

凪(なぎ)
凪(なぎ)

はい。。。。。。

株価は下落より上昇の方がパワーが必要で、時間もかかります。

・1000円が50%暴落すれば1000×0.5=500円ですが。

・500円が50%上昇しても500×1.5=750円で、元には戻りません。

1000円に戻るためには500×X=1000円ですから、X=1000÷500で答えはX=2倍となります。つまり200%上昇しないと元本にはもどりません。

私の場合TECLやSPXLを合計100万円ほどダウ最高値付近で保有しており、一生保有しよう!ともっていたので、現在、目も当てられない下落をしております。

現在129ドル。最高値の333ドルから、約61%の下落となっています。

129×X=333ドルですのでX=333÷129 答えはX=2.58

あと260%も株価が上がらないと元の価格には戻らないわけです。

こう考えると、下落はあっという間ですが。上昇はすぐには上がりません。

3倍界王拳はこういう時にこそ使うべきですし。やはり株がうまい人、というのはうまく下落を使い空売りをしているのでしょうね。

私は信用取引で大損をしたので、ETFなどで無理をせず、時間をかけて現在の全財産約2500万円を使い損失1200万円を取り返したいと思っています。

ダウの過去の実績を考えれば、10年単位であれば無理なく取り返せると考えています。といってもほぼ、フルインベスト済みなので、基本的には上昇を祈っているだけですが。

まず、プラマイゼロ。そこから本当意味での長期投資家になろうと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました