SBUX、MCD、KO損切り → LVGO、HMY、PINS購入

株式投資

インデックスは勝者のゲーム、で書かれていましたが売却による手数料、税金は長年で見るとものすごいコストになるようです。だからこそインデックス投資が最強とのこと。

とはわかっていても、資金力がないと銘柄を売買してしまうものです。

最近、かなり無駄な手数料を払っています。SBI、楽天証券に寄付しまくりです。

覚えている範囲で、記載します。

・バイオンテック : 先日VGTを売却して購入しましたが売却。本日爆上げしていますね。

・モデルナ:同じく先日買いましたが売却。

 

この2銘柄はワクチン銘柄として購入をしたのですが、確かに薬により株価爆上げの魅力はあったのですが。ワクチン全滅の可能性もありますし、SaaSは日々上げなのに対してワクチン銘柄はニュースが出ないと株価が上がらないので、やはり売却としました。もちろん資金力があれば間違いなくホールドすべきです。

代わりにLVGOを購入しました。最初LVGOには興味がなかったのですが、サブクス×医療 という銘柄で、これは糖尿病完治の薬が出ない限りは間違いなく伸びると思い購入しました。

あと、タイトルの通り。スターバックス/SBUXとマクドナルド/MCD とコカコーラ/KOを損切りしました。トータルで60万円ほど。損切りは10万円ほどです。

この損切りは悩みました。理由はSBUX,MCD,KOはいずれも超優良銘柄だからです。SBUX=グロース、MCD・KO=高配当かつグロース という立ち位置かと思いますが、コロナで株価は下がりましたが、いずれは間違いなく高値を更新するであろう銘柄です。

コロナにより当面厳しい業績が続くでしょうが。損切りに迷った理由は、いずれの銘柄もコロナショックの後、一度大きく株価を戻して、いま、再度下がっていたからです。損切りをするにしてもタイミングが遅れたなと・・・・・。もう少し待っても良いかなと悩みました。

トータル約10万円の損切りですが。10万円あれば、コーヒー何杯飲めるんだと。。。。。。思いますよね。

それでも損切りした理由は相場に乗るためです。

正直、タイミングは少し遅かったです。

ただ、まだ間に合うと素人相場感で判断しました。金融相場はまだ始まったばかりだと。

以下箇条書き。

・バイオンテック:売却 → LVGO購入(サブクス×医療)

・モデルナ:売却 → LVGO購入

・コカコーラ:売却 → LVGO購入

・スターバックス:売却 → HMY購入(金鉱株)

・GDX売却 → PINS購入

実際もっと細かいのですが、おおまか、こんなイメージです。

GDXは金鉱山ETFです。こちらも売却したくなかったのですが、なぜ金ではなく金鉱山かというと短期リターンを狙っているわけで。それなら中途半端なGDXではなく最も採掘コストが高くレバレッジがかかるHMYでいいだろうと判断しました。

オールドエコノミー、飲食系のスタバ、マクド、コカコーラの超優良銘柄3つを損切りして、その分を、グロースバリバリに振り分けました。(SaaS企業など)

この判断が正しいかはわかりません。

いまはSaaS企業が良いですが、高配当銘柄の株価が回復するタイミングがすぐにくるかもしれません。

しかし、単純に総資産を増やすにはどうすればいいか?を考えると。

ポートフォリオで含み損、株価が伸びない銘柄を売却して。勢いのある銘柄に乗り換える。

が正解になると思います。

これはタイミング投資なので、失敗するリスクもありますが、しかし、個別投資としては正しいのではと思います。

損失を確定することには抵抗があります。

含み益を確定させず、株価の乱高下で、泡のように消えるのも嫌いです。

しかし本当に重要なのは含み益を含めた総資産ではないか?と思い、相場の流れに乗ることを重視してみました。

あまりこれ以上は売買をしたくないのですが。

数多くの個別株を触っている時点で、仕方ないですね。

ズームインフォの株価がさえないのがつらいですね。決算でぶっ飛んでほしいです。

ロイヤルティファーマ、出来高すくないですね・・・・・・。

この2銘柄には頑張ってほしい・・・・・。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました