AMZN100万円、DHR150万円、NVDA200万円、TMO150万円購入

株式投資

年末の大相場が始まりそうですね。10月から1月は1年の中でも最も株価上昇が見込まれる月となります。こりゃ今まで通りフルインベストですね!

<先週の取引>

・TSLA 売却 損切 

・PTON 利確

・SQ 利確

・NLS 利確

・TXG 利確

・AMZN 購入

・FB 買い増し

・FVRR 利確

TSLAは決算最高でしたね。しかし株価が5%ほどあがりその後右肩下がり。TSLAは相性が悪いです。年末の上げ相場においてTSLAよりもっと確実に上昇が見込める銘柄に切り替えることにしました。株価がまた下がったらインしたいですね。

PTON、NLS直近大きく下げたので 一旦利確しました。またINしたいと思います。

SQ も一旦の利確です。間違いなくまたインします。

AMZN、NVDA、TMO、DHR。タイトルの通りこれらを新規で買い入れました。これらの銘柄はドーンと、上がらない代わりにどーんと下がらない銘柄だと思っています。ヒタヒタと右肩あがりの銘柄です。年末年始の上げ相場では手堅く上がる銘柄を増やしたかったので、これらの銘柄を購入しました。

来週からGAFAM等の決算が始まります。私はAMZN100万円、FB200万円を保有しています。MSFT,GOOGL,APPLは今は保有していません。一旦AMZN,FBだけに絞っています。

その他も色々と動きましたが、おおよそこんなところですね。

2月にー1100万円確定済みだった損失は現在おおよそー750万円ほど?です。350万円取り戻しています。おおよそ現在資産の10%程度ですね。年末年始でもう少し取り戻して確定申告を迎えたいと思います。

最近会社の後輩がYoutubeデビューしたことを知りました。できる人は、ひそかにやっているもんですね。再生回数が10回でも20回でも、一歩踏み出して新しいことをしていかないといけませんね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

  1. Riservedog@ヘタレ投資家 より:

    こんにちは、渚さん。いつもお世話になります。
    さて私もコロナショックの対応がまずく、+2300万→-1000万まで転落しましたが、現在はなんとかプラスになっています。
    ところが6月以降本格的にグルース株への集中投資を始めましたが、S&Pインデックスと比較して劣後しているようです。
    LVGO、TSLAなどへの投資でインデックスには勝つはずなのですが、ショックです。
    確かにDKNGでの大損切等があるのですが、頻繁な売買がまずかったかな?とも思い、原因を調べようかと思います。
    今後はARKKへ資産の22%程度を投資しますが、場合によっては投資比率を上げる必要があるかもと思います。

    渚さんは最近3ヶ月程度の実績でQQQやVOOなどのインデックスと比較していかがでしょうか?
    もし支障なければ教えて下さい。
    QQQやVOOに劣後しているのは私くらいかもしれません。

    • 凪 より:

      Riservedog@ヘタレ投資家さん、コメントありがとうございます!いつもTwitterでもコメントありがとうございます。
      私は-1100万円損失確定済みですが、これは実はコロナショックでのマイナスではありません。2,3月の下落では含み損が-700万円くらいまで行きましたが、一切損切をせず耐え抜きました。私が損失を出したのはコロナショック前の1~3月、日本株での取引きです。サンバイオ、コロプラ、AKIBA HDなどの日本株でボコボコにやられました。信用取引です。素人が信用取引やったらそりゃそうなりますよね笑

      私は個別株バリバリのグロース株大好き人間ですが、VOO+QQQのリターン&安定感こそ最強だと思っています。それでも自分は損失を取り戻すため、リスクをとって個別株を投資しています。大丈夫ですよ、信用取引で連日ストップ安で売りたくても売れない・・・・まるで死刑に並ぶ死刑囚のようなあの気持ち(サンバイオ)より米国株での損失の方が遥かに堅実だと思います笑

      頻繁な取引は、個別株においてはアリだと思っています。むしろ個別株でバイ&ホールドは自殺行為です。バイ&ホームワークであればOKですね。
      最近3か月程度での実績について、また記事にするようにしますね!

      重要なのは資産総額ですので、他人との比較やインデックスとの比較は私はあまりしないようにしています。例えばZMで爆上げしたとして、それでVOOより勝っている!!!と言ったところで。それはあくまでも短期の話なのであまり意味がないかと思っています。長期ではあらゆるアクティブファンドが結局VOOに勝てないという研究結果も出ているので。でも、短期なら勝てる!と思って個別株に投資している自分がいます笑

  2. Riservedog@ヘタレ投資家 より:

    渚さん、お忙しい中早速のご返事を頂きありがとうございます。
    信用取引はよくわかりませんが、売りたくても売れないというのは地獄ですね。
    その中からの盛り返しはご憧憬の至です。

    またご指摘のとおり、重要なのは資産総額ですよね。ツイッターなどでつい他人の成績と比べてしまうなど私の悪い癖だと思います。
    8割のアクティブファンドがインデックスに負けるというのは周知のことですが、ついつい自分のことになると忘れてしまうようですね。(苦笑)

    私も少なくとも年内は個別株中心でベストを尽くそうと思います。
    これからも情報交換よろしくお願いします。

  3. 凪 より:

    信用取引は自分の資金の3倍の取引ができます。当時株式初心者で元手だけはあったので、マニアックな銘柄を800万円とかそういう規模で購入していました。日本株はストップ安があるので、サンバイオのような銘柄は私は3日間くらい成行売りが成立しませんでした。毎日毎日、値幅の下限の株価になっていくのはさすがに地獄でしたねw

    しかも私は信用二階建てといいまして、サンバイオの現物株を元手にして、信用取引をしていました。これはつまり元にしている株価も下がりますので、信用余力がなくなることを意味するのですが。追証(追加で入金しないとまずい)状況になりました。今思い出しても地獄ですねw

    私は上記状況にて来年分までは確定申告で損益通算をできますので、来年末までは個別株100%で行く予定です。

    共に頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました